メス無し注射無しで小顔|おすすめされる治療は違う「埋没法を受ける前に」
女性

おすすめされる治療は違う「埋没法を受ける前に」

メス無し注射無しで小顔

ウーマン

注射やメスが嫌な人に朗報

小顔になりたい人は多いですが、メスを入れるのは怖いし、顔に注射を打つのは痛そうと悩んでいる人も多いでしょう。そのような人には、超音波を利用した小顔整形治療があります。加齢とともにたるみが出てしまうと、どうしてもフェイスラインがぼやけた印象になってしまい、顔が大きく見えてしまいます。そこでリフトアップすることで顔の輪郭をスッキリさせることができます。たるみの原因は、皮膚がたるんでいると思われがちですが、実は皮膚の下にあるSMASと呼ばれる表在性筋膜が緩んでしまうことが原因です。いくら皮膚を引っ張っても、このSMASを上げないことには根本的な解決にはならないのです。従来SMASを上げるには切開による手術しか方法がありませんでした。しかし最新式の機器を使うことにより、肌の奥深くまで超音波を届かせることが出来るようになったため、手術や注射に抵抗がある人でも小顔整形治療が受けられるようになったのです。

画面で確認しながら施術

超音波という波長は、もともとが広がりやすいという性質がありました。そのために、エネルギーを溜めて照射をしても、目的のところに届くときには広がってしまい、効果があまり得られなかった場合が多かったのです。そこで最新式の機器では、超音波のエネルギーを1mm四方に集中させ、小顔整形の治療効果を高めることに成功したのです。また超音波はエコー画像により、リアルタイムで確認が可能です。発せられた超音波が、きちんとSMASの層まで届いているか、確認しながら施術を進めていけるメリットがあります。また、この機器はしっかりとした知識を学んだ外科医のみが取り扱うことを許可されています。そのために、小顔整形に不安のある人でも安心して治療を受けることが出来るのです。